Wifiの速度とルーターの密接な関係

subpage01

無線LANの代名詞的存在であるWifiの速度が不十分であると、インターネット等の利用に際し機器類の買い替えを検討する人がいるかも知れません。

しかし、一寸した工夫をすれば改善される事があります。


周囲に背の高いラックやタンス等に囲まれた場所にルータがあると、本来の性能を発揮出来ずWifiの速度が落ちる可能性があります。この場合、ルーターを出来るだけ周囲に干渉物が無い場所へ移動させてみると良いでしょう。

またルーターを窓際に置くのも、避けるのが無難です。

そもそも電波は、ルーターを中心にして輪を広げるように伝わる特性があります。
ガラスは電波の妨害度が低い為、家の中だけでは無く外側にも伝わり易いのです。



結果、本来の性能を活かしきれずに電波が減衰してしまう訳です。それ以外では、ルーターへのアクセスが過負荷に陥っているケースがあります。


一昔前ではルーターにアクセスするのは、パソコンが一般的で文字中心でした。


しかし昨今では動画等をインターネット経由で楽しむ事は一般的になり、加えてスマートフォンユーザーはデーター通信量を節約すると共に、家庭内で快適な速度のWifi接続に切り替えて使用するという事も珍しくありません。

この様な場合は一旦パソコンだけ等に絞り込み、十分なWifiの速度が出ているかチェックすると良いでしょう。併せて取扱説明書を確認して、ルーターへの同時接続数を減らす等の対策が必要です。



電波の干渉が原因で、トラブルになる事があります。



例えば電子レンジ等は2.4GHzという帯域を使う為、使用している間だけインターネットに接続出来ないと言う事象が起こりえます。電子レンジの置き場所を変えるか、それが難しければルーターの設定を5GHz帯に変更すると良いでしょう。